家事をするのって面倒臭いですよね。しかし、「報酬を貰えたら頑張れるのではないか?」、そう考えたのがTwitterユーザーのsora.Fさん。自分のアイデアを形にしてTwitterに投稿したところ、「素晴らしい!」と称賛されています。

 sora.Fさんは一人暮らしを始めて3年。最近、家事への楽しさが見出せなくなり、そこで「何かモチベーションを作り出すことは出来ないだろうか?」という課題を自ら立て、考えたのち導き出したアイデアが、「自分にご褒美として報酬をあげる」というものだったそう。そして、それを誰でも使えるように一般化した形で表現したのだとか。

 そんなsora.Fさんは1月27日、「家事を遂行すると報酬がもらえるシステムを導入したんだけど、ちょっと楽しくなったしお得感がすごい」というコメントと共に写真を投稿しました。

 写真には、「洗濯物一掃SALE 在庫限りの洗い尽くし!洗うから畳むまで全ての工程込みでこのお値段!!洗濯1点につき29円」「食器洗い1皿54円」というスーパーのPOP広告風の貼り紙が洗濯機やキッチンに貼られていたり、他にも家事ではないものの「入浴1回249円」などの貼り紙もあり、見ているだけで楽しくなる工夫がされています。

 「視覚的にもお得感を得ることを狙い、スーパーのPOP風に仕上げました」と語るsora.Fさん。たしかに、これなら楽しくできそうですね。

 ちなみに報酬の金額は、 洗濯1点29円→服(フク/29)、 食器洗い1皿54円→ゴシゴシ(54)、 入浴1回249円→ニュウヨク(249)など、すべて語呂合わせで決めたとのことです。

 sora.Fさんは「一人暮らしのため、1人で作って1人で満足しています」と話していますが、この投稿には約3万件のリツイートと、14万5000件以上のいいねが付き、「素晴らしいアイデアを教えていただきありがとうございます」「すごい!画期的なアイデアに頭が下がります」「POPの業務スーパー感がいい味出してる」など、多くのコメントが寄せられています。

<記事化協力>
sora.Fさん(@13237sora)

(佐藤圭亮)