LINE株式会社が、コミュニケーションアプリ「LINE」を活用した「新型コロナワクチン接種予約システム」の提供を発表しました。今後、国の指示のもと都道府県と連携して実施。すでに、全国約100の自治体が導入決定・検討段階に入っているとのことです。

 新型コロナウイルスワクチンの接種体制については、現在各自治体で準備がすすめられていますが、過去例がない規模で行うワクチン接種ということもあり、課題が山積みとなっています。特に深刻なのが人的リソース不足。

 これに対応すべく、LINEでは予約から電話対応などの自動化を提供。各自治体のLINE公式アカウントを通じて、「自治体から通知される接種券の券番号等を入力することで、ワクチン接種の会場や日時等を予約・変更すること」を可能にするそうです。

 さらに自治体のニーズにあわせて、AI技術を活用した支援も提供。接種券の入力では、誤入力を防ぐために文字認識技術「CLOVA OCR」を活用。オンライン本人確認「LINE eKYC」の活用では、接種会場での受付支援も可能になるとのこと。

 ほかにも同アカウントからは、ワクチン関連情報の案内や、チャットボットの活用により「よくある質問」への回答も行えるように。コールセンターと併用すれば業務効率化に繋がるとLINEは考えています。

 また、LINEでは電話対応についても、LINEのAIソリューション「LINE CLOVA」で支援。「かけても電話がつながらない」「コールセンターの時間内に電話できない」といったことを回避できるよう、LINE音声応対サービス「LINE AiCall」で24時間受付可能を実現し、多量の電話にも同時対応を可能に。さらに、接種日の予約、予約前日リマインド、接種後フォローの3段階の活用なども考えられるとのことです。

情報提供:LINE株式会社