モデルのマギーさんが自粛期間中に新しいことをしようと、自宅にレーシングシミュレーターを設置したことをInstagramで報告。「すご過ぎ」「マリカーの本気版」などのコメントが寄せられ、ファンを驚かせています。

 マギーさんと言えば車好きで知られ、2020年9月には国内A級ライセンスを取得。11月には「SuperGT500/300」を観戦するため富士スピードウェイへ行ったことをInstagramで報告したりしていました。

 そんなマギーさんは1月12日、Instagramで「自粛期間中に何か新しいことをできないかと思っていたところ、シミュレーターを導入することができました」と報告。写真には、リビングにドーン!とレーシングシミュレーターが設置され、実際に体験しているマギーさんが写っていました。床のフローリングが傷付かないよう、ダンボールらしきものを挟んでいるのが分かりますが、自宅の部屋にレーシングシミュレーター……違和感しかない……。

 写真に添えられた文章で「本当に全く実力はないですが車が好きでドライビングが上手くなることを願い、、、頑張ります」と意気込みを語るマギーさん。自粛期間中にどれくらい運転技術が向上し、それをサーキットで発揮される場面が来るのか楽しみですね。

 この投稿には、2万5000件以上の「いいね!」が付き、「えーーーー!!!!超羨ましい」「モデルの部屋じゃない笑」「ガチで凄い」などのコメントが寄せられています。

https://www.instagram.com/p/CJ8fkqpn8xZ/?utm_source=ig_web_copy_link

<参考・引用>
マギーさんInstagram(maggymoon)
※画像はマギーさんのInstagramのスクリーンショットです。

(佐藤圭亮)