ご飯が大好きなのは人間も動物も同じ。スコティッシュフォールドのきなこくん(1歳)は、ご飯の時間になると、なんと自動給餌器の前で待機を始めるのだとか!よっぽど、ご飯が大好きなのでしょうか?筆者と同じニオイのする猫ちゃんを見つけ、テンションが上がってしまったので、きなこくんの飼い主さんに少しお話を伺ってみました。

 そもそも、きなこくんを見つけたきっかけは、9月5日の飼い主さんの「自動給餌器のおかげで朝起こされなくなりました。ちょっと目が覚めたので盗撮。3分前から待機始めて、時間に正確すぎて可愛い」というツイート。こちらのツイートには、飼い主さんのコメントと共に、動画が添付されていました。

 動画には、自動給餌器の前で寝転びながら、キャットフードが出てくるのを待つ、きなこくんの姿が映っていました。そして、自動給餌器からキャットフードが出てくると、「待ってました!」とばかりに、ムシャムシャと食べています。

 飼い主さんのツイートによると、きなこくんは朝6時ごろになると、飼い主さんの枕元にやって来て、頭の横で「なぁーお!なぁーお!」と鳴き、頭突きも時々するのだとか……。それでも起きないと、部屋の中で鳴きながら歩き回り、「日によっては5時半に起こされるときも……」と話していました。これは大変ですね……。

 ただ、飼い主さんにお話を伺ったところ、自動給餌器を買った理由は、「家庭の事情で、実家に1泊しなければならないかもしれないとなったため、購入を検討し、7月中旬に購入。下旬に届き、その頃から使っています」とのこと。どうやら、きなこくんに起こされるのは、飼い主さんにとって幸せなことだったようです。

 ちなみに、きなこくんはお腹が弱いため、朝はグレインフリー(穀物不使用)のご飯(ニュートロ「ナチュラルチョイス アダルトチキン」)を食べていて、「夜は、まずいお薬を飲むために、カインズの『キャットミールカップ まぐろ&かつお』も喜んで食べます」と教えてくれました。

 今回の動画には、1万件以上のリツイートと、約3万5000件のいいねが付き、「かわいい……時間把握してるのすごい」「素晴らしい体内時計!」「もうそろそろ来るってのがわかるのがすごい!」など、多くのコメントが寄せられ、驚いています。

 そんなきなこくんをもっと見たいという人は、飼い主さんがInstagram(uni_kinako_n)に、きなこくんの専用アカウントを作って、画像や動画をたくさん投稿しているので、そちらをのぞいてみるのも良いかもしれません。

<記事化協力>
あれき鯖のねこ。さん(@neko_alex_nk)

(佐藤圭亮)