タレントの黒柳徹子さんが自身のInstagramで、テレビ朝日系列で放送されている人気番組「徹子の部屋」の収録が再開されたことを報告。フェイスシールドを付けた姿を公開しました。

 黒柳徹子さんは6月8日、「2ヶ月半ぶりに、「徹子の部屋」再開!ワクワク」と、嬉しそうに自身がMCを務めるトーク番組の収録再開を報告。「自分用のフェイスシールドも作ってもらった」と、本番前と思われる写真をInstagramに投稿しました。

 「久しぶりにスタッフに会って嬉しかった」と話す黒柳徹子さん。「徹子の部屋」は、1976年に始まり、2020年で放送45年目に突入。2019年5月15日の放送で1万1000回に達した、言わずと知れた日本を代表する長寿番組。しかし、ここまで収録が止まったことは、今まで無かったのではないでしょうか。

 カメラに向かってニッコリと微笑む黒柳徹子さん。この投稿には、3000件以上のいいねが付き、「楽しみにしています」「収録再開おめでとうございます」と収録の再開を喜ぶファンはもちろん、「おしゃれなサンバイザーにしか見えない」「フェイスシールドどうなってるの?凄いですね」など、見慣れない黒柳徹子の姿に驚く人もいるようです。

 コロナ禍で新しい生活様式が求められる現在、このスタイルが新しい「徹子の部屋」の姿なのでしょうか?番組がどのような形で再開されるのか楽しみですね。

<参考・引用>
黒柳徹子さんInstagram(tetsukokuroyanagi)
※画像は黒柳徹子さんのInstagramのスクリーンショットです。

(佐藤圭亮)