「King Gnu」の井口理さんが、「SEKAI NO OWARI」のメンバーと一緒に、自転車で琵琶湖を一周する「ビワイチ」にチャレンジした際、失踪騒ぎを起こしていたことが発覚。「『終わった……』と思うようなことを何度もした」と告白しました。

 「King Gnu」は、2019年1月にメジャーデビューした、男性4人組のミクスチャー・ロックバンド。デビュー1年目で「NHK紅白歌合戦」への初出場が決定しているなど、注目の人気バンドで、井口さんはキーボード&ボーカルを担当しています。

 「SEKAI NO OWARI」のSaoriさんは12月2日、自身のTwitterで「メンバーたちと琵琶湖を自転車で一周した」と報告。そして、「何故か井口くん(King Gnu)も来るというので待ち合わせをしていたが、彼は電車を間違えて出発時間に遅れ、皆と違うルートで走った為に失踪騒ぎまで起こした」と話しました。

 しかし、Saoriさんは井口さんについて、「変わった人」だと思ったが「すごく好きになった」と語っています。一方、井口さんは「『終わった……』と思うようなやらかしを何度もしましたが、みなさん寛容な心で受け入れてくれました。優しいバンドやった」と話し、詳細は不明ですが、何度も「SEKAI NO OWARI」のメンバーに心配をかけてしまったことを告白しました。

 井口さんは、「SEKAI NO OWARI」のNakajinさんなどの男性チームと一緒に走っていたとのことですが、いったい何があったのでしょうか。NakajinさんもTwitterで琵琶湖一周の報告をしていますが、「米原駅から反時計回りに200km、琵琶湖大橋はもちろん使わず。またひとつ日本一を制覇しました」と、井口さんについては話していません。

 何はともあれ、無事に琵琶湖一周チャレンジに成功した井口さん。Twitterには、「意外とおっちょこちょいなんですね」「セカイノオワリに『終わった……』と思わせなくて良かった」「さすが愛されキャラ」など、多くのコメントが寄せられています。年末の紅白歌合戦は、やらかすことなく無事に成功させてほしいですね。

<出典・引用>
Saoriさん公式Twitter(@saori_skow)
井口理さん公式Twitter(@Satoru_191)
Nakajinさん公式Twitter(@Nakajin_sekaino)
※画像はSaoriさん公式ツイッターのスクリーンショットです。

(佐藤圭亮)