カレールウを包み、さっくりと揚げたカレーパンは世代を問わず多くの人に愛されています。今では様々な種類のカレーパンが登場しコンビニでもよく見かけますが、最近そんなカレーパンに一工夫凝らしたメニューが話題なんです。

【関連:話題の「宇治抹茶カレー」、食べてみたら想像以上に味が抹茶でビックリ】

 Twitterで実に9万もの「いいね!」をされたのはtanimesoさん(@tanimeso)の一工夫メニュー。カレーパンの真ん中をくり抜き、そこに卵を落とし箸で数か所の穴を開けてチーズも入れ、ラップをかけ600Wのレンジで1分半加熱してから仕上げにトースターで軽く焼くというもの。

■チーズを入れ忘れた……けど「目玉カレーパン」でも充分おいしかった!

中身は半熟でトロットロ

 実際につくってみたところ、カレーのパン部分がいい塩梅に受け皿になり、ルウと卵のとろりとしたコクがカレーパンのサクサクと相まって最高に美味しくなっていました。が、しかし!オリジナルレシピにあったチーズを入れ忘れてしまいました。(汗)つくりなおそうと思ったのですが材料切れ……。でもチーズがなくてもこれはこれで美味しく食べることができましたよ! どちらにせよ朝ご飯で出されたら、こんな簡単なのにカフェ気分も味わえそうです。

 カレーパンだけでも美味しいのに、一手間かけるだけで超絶品。家で簡単に一工夫できちゃうので、気になった人はぜひ試してみてくださいね。

材料:カレーパン、卵(オリジナルにはチーズも)


お箸かナイフで穴をあける


卵入りまーす。本当はチーズも入りまーす。


完成

・記事化協力:tanimesoさん(@tanimeso)

(大路実歩子)