UAE(アラブ首長国連邦)から砂漠と動物たちのいる暮らしを日々発信していた、人気Twitterユーザー・はなももさん。

6月末に猫のシャーロットさんが砂風呂(砂浴び)を楽しむ写真と動画を投稿したところ、何者かが不適切動画とTwitter社に通報。Twitter社はそれを受け、「調査の結果」通報された動画は不適切であるとはなももさんに一方的に通知していました。

【関連:猫の癒やし動画にTwitterから「不適切」通告 「調査の結果」に不信感】

はなももさんはこの通知により、Twitterの更新中止を決意。はなももさんのアカウントは本来、家族(人間家族や動物家族)の記録用が主な役割。今後の更新による突然のアカウント凍結を避けるための判断でした。
しかし、5万9千ものフォロワーを抱えるアカウントなだけにこの決定には多くの人が落胆。「更新楽しみにしていたのに」といった残念がるコメントが多くよせられていました。

ところが7月5日未明に事態は一転。はなももさんによると、Twitter社から「再調査」の結果が突然届いたとのこと。

「投稿されている画像/動画を再度調査し、「不適切な内容を含む可能性がある」と警告が表示されるのを解除しました。この度はご迷惑をお掛けして申し訳ありませんでした。」

この通知を受けはなももさんは更新再開を決定。Twitter上では「この度のこと、私自身がダメなものはダメなんだなと、簡単に諦めていた中、沢山の方がご尽力くださり、こういうことになりました。感謝の気持ちでいっぱいです。」と、支援してくれた多くの人たちに感謝の気持ちを述べています。

一連の出来事についてはなももさんは編集部の取材に対し「Twitter社の真摯な対応に感謝しています」とTwitter社に対しても感謝の思いを語っていました。また今後はこれまでどおりに更新していくとのこと。今までと同じく砂漠と猫とその他の動物たちのいる暮らしを通じ、穏やかな時間を共有させてくれるようです。

※写真ははなももさんに提供いただいたシャーロットさんの最新ショット(7月5日お散歩中の写真)です。騒動の締めくくりは元気なシャーロットさんの写真で!とお願いしてみました。

(文:宮崎美和子)