株式会社壽屋は、ホラーSFシリーズの傑作『エイリアン』シリーズから、『エイリアン3』に登場した「ドッグエイリアン」を1/10スケールフィギュア化。「ARTFX+」シリーズの商品として発売します。発売予定は2016年10月、販売価格は8800円(税抜)です。

【関連:エイリアンクラッシュ/板橋しゅうほう】

シリーズで初めて、人間以外の生物(イヌ)に寄生したことから、宿主の特徴である四足歩行するエイリアンとして登場したドッグエイリアン。その特徴的な姿が、1/10スケール(全長約150mm)という大きさで見事に表現されています。原型を担当したのは武藤直哉氏。

ギーガーデザイン独特の、金属と生物が融合したような質感の表現もあることながら、とにかくディティールの細かさが印象的。顔から首まわりなど、この大きさによくぞ……という感じ。半透明の頭部も良く再現されていて、ヌメッとした質感が気持ち悪いほどセクシーです。また、発達した大腿部を持つ後脚も素晴らしい出来。

ポージングも四足歩行の特徴をよく表した、獲物を見つけて飛びかかる寸前、といった、静止した中にみなぎる力と躍動感が同居した絶妙な瞬間でモデルアップ。先端が槍のようになった尻尾はベンダブルで、自由に曲げて表情をつけることが可能。全長150mmという大きさを感じさせないスケール感です。

本商品は簡易組み立てキットとなっており、箱から出して簡単な組み立てですぐにディスプレイすることができます。ボーナスパーツとして、ジオラマベース6枚と、そのジョイントパーツ4種が付属。立体的に組み上げることも可能なので、劇中の排気口のシーンで、素早い動きで天井すら駆け回ったシーンを再現することも可能です。

また、今回はさらに赤色LEDライトも付属。より劇中の雰囲気を感じさせる演出でディスプレイを楽しむことができます。