4月18日、カーフェリー「さんふらわあ」を運航する商船三井フェリーは、熊本県を中心とする大地震を受けて、定期便を欠航して保有するフェリーを被災地へ派遣することを検討していることを明らかにしていましたが、翌19日に「今週中の派遣は見送ることにした」と発表しました。

18日時点で欠航するとしていた、19日夕方(18時30分)に大洗港を出港する苫小牧行きの便は、予定通り「さんふらわあ ふらの」で運航されます。

【関連:商船三井フェリー、定期便を欠航し避難者宿舎に提供を検討】

派遣予定としていた「さんふらわあ ふらの」

なお、あわせて「弊社といたしましては、関係当局のご要請があれば、被災された方々への支援に引き続きご協力したいと考えております」ともあり、関係機関からの要請があれば、被災者支援に協力することも明らかにしています。

▼参考
商船三井フェリーInformation 「熊本地震」被災地支援に関して(4月19日)

(文:咲村珠樹)