関西テレビ放送株式会社が4月18日、公式サイト上に謝罪文を掲載した。

関西テレビは熊本県で発生した地震にともない、現地に中継車を派遣していた。ところが4月17日、あるツイッターユーザーが、ガソリンスタンドで朝から行列ができていたにも関わらず、関西テレビの中継車が注意を無視して列に横入りしたと写真付きで投稿し騒動となっていた。

【関連:ハッシュタグ「救助」は拡散しちゃいけない?タグ「救助」の正しい使用法】

こうした事態をうけ18日の発表では、「弊社のテレビ中継車が、4月17日午前7時45分ごろ、熊本県菊陽町のガソリンスタンド付近で給油待ちをしていた車の列に割り込んでスタンドに入り、給油していたことが判明いたしました。」と事実を認め、「今後、このようなことのなきよう、取材にあたる社員・スタッフへの教育を、改めて徹底してまいります。」と謝罪している。

以下、全文
<引用ここから>
お詫びとお知らせ

九州で発生している大地震の取材にあたっていた弊社のテレビ中継車が、4月17日午前7時45分ごろ、熊本県菊陽町のガソリンスタンド付近で給油待ちをしていた車の列に割り込んでスタンドに入り、給油していたことが判明いたしました。

被災地の皆様が多大な労力を割いておられるなかで、あってはならない行為でした。

現場で給油をお待ちになられていた皆様に、大変なご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。また、多くの皆様にご不快の念を抱かせてしまったことにつきましても、お詫び申し上げます。

今後、このようなことのなきよう、取材にあたる社員・スタッフへの教育を、改めて徹底してまいります。

2016年4月18日
関西テレビ放送株式会社
<引用ここまで>

▼参考
関西テレビ「お詫びとお知らせ」