最近では通称が「香川県」になりそうな勢いで浸透している「うどん県」。県民はうどんをこよなく愛しているとされ、あまりにうどんがLOVEすぎて映画にもなったほど。
うどんに関するアレンジ料理もたくさん考案されており、県民ひとりひとりが最早うどんマイスターと言っても過言ではないようですが、今回はそんなうどん県民から教えてもらった『ラー油釜玉うどん』をご紹介!

【関連:小腹が空いたときのフライドうどんは絶対にデブまっしぐら】

材料はうどん、食べるラー油、卵1つ、青ネギ少々、醤油少々だけ。出汁醤油じゃないところがうどん県民的ポイントだそうですよ。
茹でたうどんに材料を全部入れて、かき混ぜれば出来上がりです。

ラー油のピリリと食欲をそそる感じと青ネギと卵の優しさがうどんにばっちり絡み合って1玉じゃ済まないほど美味しいです! 普通のラー油やごま油でつくる人もいるそうですが、食べるラー油が辛くないし一番合ってる、とのことです。

がーっとかき混ぜて、ぞぞぞぞっと一気にいただく。おなかが空いてるときはすぐできて超簡単ですし、何と言っても材料がコンビニで全部そろっちゃうのでぜひぜひ試してみてくださいね!

(文:大路実歩子)