エッチな人ほど仕事ができたりカリスマ性があったりしますが、そんな人を見分ける『大エロ線』ってご存知ですか?大江戸線じゃないですよ、大エロ線。大エロ線です。

人差し指と中指の間から薬指と小指にかけて輪を描くように入っている線を金星環や金星帯と言い、これを持つ人はエッチなことから“エロ線”と言われています。
大エロ線は「金星環が二重」になっているものを指すのだそう。でも20人に1人ほどしか持っておらず筆者はまだ見たことがありません。ちなみに「大エロ線」はタレントで占い師の島田秀平さんが紹介したことで広く知られるようになりました。

 

【関連:手相「二丁目線」が話題 新宿二丁目のオネエサマ達に多いんだって】

この手相を持つ人はお色気ムンムンでオシャレや芸術的なセンスがあり、さらにバイタリティーに溢れ、自分の気づかないところで魅力を発揮し周囲を虜にしちゃってるんだそうです。でも英雄色を好むということわざ通り大物の手相でもあるんだとか。何て罪深い手相なんでしょう……!

そう言えば金星環があるあたりって手の中で一番くすぐったく感じる場所。すなわち性感帯だよな……って思い出したのですが、それが関連しているかは定かではありません。

あなたの周りに何かわからないけど惹かれてしょうがない、という人がいたら、もしかするとこの大エロ線の持ち主かもしれませんね。

▼参考
PROLO『島田秀平のオモシロ手相占い vol.11』(cocoloni.jp

(文:大路実歩子)