ネット上で、『【速報】北九州市立小学校の6年担任、教え子の11歳女児を妊娠させ懲戒免職』というなかなかセンセーショナルなニュースが2015年11月16日ころ出回っていました。……が、これはデマです。

デマニュースの情報ソースとして記されていた、北九州市教育委員会に編集部で確認を取っていますが「書かれているような事実は一切ない」という回答を得ています。

【関連:釣り?教育虐待?知恵袋に投稿された子供の教育に関する相談が物議】

■ネットデマが流れた図式

デマニュースが最初に投下されたのは、分かる範囲調べてみたところ匿名掲示板の可能性が高いように思われます。そこからまとめサイト複数に転載され、さらにSNSを通じて爆発的に拡散されたようです。

(1)匿名掲示板に誰かがデマニュースを投下
(2)まとめサイト複数が転載
(3)SNSで爆発的に拡散

筆者が最初に目にしたのは、SNSで拡散されてきた匿名掲示板の『まとめサイト』の記事。該当記事の多くは現在削除されていますが、一時は10サイト近くに似た記事が掲載されていたようです。

内容はというと、「北九州市教育委員会は15日、担任する6年生のクラスの女児(11)とみだらな行為をし、妊娠させたとして、市立小講師(23)を懲戒免職処分とした。 」と、記事体裁はたしかに整ったもの。しかし、添えられた転載元のリンク先が朝日新聞の全く無関係の記事『巨人ドラ1の立命大・桜井が2失点 変化球見極められる』だったりと不審な点がいくつかみられました。

ネットにはこの手のデマが度々登場することがあり、元となった投稿はいわゆる「釣り」と呼ばれるもの。他人が騙されるのを見て喜ぶ人たちによる「悪質」な遊びの一種です。
この手の「釣り」になれた人にとっては、リンク先まで見て「あぁ釣りだね」と分かるものでしたが、今回は信じる人が続出。爆速で拡散されていったようです。

なお、今回についてはデマ拡散に関わらなかった別のまとめサイトにより「これはデマだ」という指摘記事が発信され騒動の沈静化に一役買っています。
まとめサイトはこの手のデマ拡散について、度々問題視されていますが、最近は運営体制も整いデマが拡散されてしまった時には、同業者の間でが訂正が提案されるなど、自浄作用の図式ができてきているようです。

■「冗談でした」では済まない可能性も?

この件は、「拡散されているニュースはデマ!」という情報が発信されて以降、一段落しています。しかしSNS上で調べてみると、未だ信じている人は少なからずいるようす。
こうした人たちを「情報弱者」「ネットスキルが低い」「だまされた方がバカ」と笑う人もいますが、「嘘」の情報を発信した人に一番の責任があるのは事実。

デマニュースに書かれた北九州市教育委員会は編集部の取材に対し、内容は把握しており「どうしてこのような書き込みがなされたのか困惑しているところです。」と答えています。そして「今後の対応については、関係各所と相談のうえ検討してまいりたいと考えております。」とも答えており、あまりに悪質と判断された場合には何らかの手段を講じる可能性が出ています。

もし被害が出された場合には、刑法233条の「信用毀損及び業務妨害罪」にあたる可能性が高く、デマニュースを投稿した人にとっては決して「冗談でした」では済まない事態に発展しそうです。

■東京都立川市の派遣社員男性を書類送検(2016年3月1日追記)

3月1日、福岡県警が東京都立川市の派遣社員の男性(27)を書類送検したと発表しました。報道各社が報じています。
容疑は偽計業務妨害で、インターネット掲示板にうその書き込みをしたことにより、北九州市教育委員会の業務を妨害したためとしています。書類送検された男性は容疑をみとめており、問題となった投稿は他掲示板からの転載だったと説明しているそうです。