オタク向けサービス『痛部屋』が7月22日にβ版をリリースした。
運営するのは株式会社SO-ZO(代表取締役 王冉(オウゼン)/東京都港区六本木)。同社は7月7日にEast Venturesを割当先とする第三者割当増資を実施したばかりだ。

 『痛部屋』のビジネスプランは、2013年早稲田大学の起業家養成講座で行われたビジネスコンテストで最優秀賞、早稲田大学ビジネスプランコンテストで優勝、起業家甲子園でMicrosoft賞などを受賞している。そのため、日本マイクロソフトの支援を受けており、同社のCTOには日本マイクロソフト株式会社のテクノロジー・エバンジェリスト、戸倉彩氏が就任している。

【関連:これが本当の“痛車”だ!!警察さえも驚愕する『ひぐらし』痛車が怖すぎる!】

 今回スタートした『痛部屋』は、アニメやゲーム好きな人に、版権取得済みのキャラクター及びアニメ作品中の風景を再現する壁紙、カーテン、布団カバーなどの、『痛インテリア』をオーダーメイドで提供するECサービス。
『痛車』のように、好きな作品・キャラクターに囲まれる環境を提供するのがこの事業の目的だという。

 また、版権取得済みのキャラクター商品の他にも、イラストレーター自身のオリジナルイラスト作品を投稿すると、リアルタイムで商品の一覧に表示され、インテリア商品として簡単に販売することも可能。更に、売買の金額も自由に設定することができる。

 同社では、「新型の“No cost”ECサイトとして付加価値の高い、日本のクリエイター支援を目指していきたい」としている。

参考:
オタク向けサービス『痛部屋』