先週世界規模で話題になった、猛犬に襲われる子供を体当たりで撃退したヒーロー猫の“タラちゃん”が、現地5月20日、地元マイナーリーグの始球式に登場しました。

【関連:ダメになるソファにたどり着く前にダメになってしまう猫】

 タラちゃんは、米カリフォルニア州に住むロバート・トリアンタフィーロさんの飼い猫。先日、ロバートさんの息子で4歳になるジェレミー君が自転車で遊んでいたところ、突然現れた野良犬がジェレミー君の足をガブリ。
すると直ぐ近くにいた、タラちゃんが体当たりで野良犬を撃退。その様子は防犯カメラに撮影されており、ロバートさんがYouTubeで公開。すると動画は2100万も再生され一躍世界ヒーローになったのでした。

 始球式の様子もロバートさんによりYouTubeで公開されています。
始球式では、多くのメディアが見守る中、ロバートさんに抱えられ登場。猫なのに始球式ってどうするのだろう?と見ていると、麗しいお嬢さんの手の平に乗せた玉を、ロバートさんに助けられ左手で「ポン」……。どうもサウスポーのようです……。
その後、本当はボールにつけられた紐でつつつーーっと、キャッチャーの元まで届く仕掛けがあったようですが、途中で引っかかってしまい断念。最後はロバートさんが投げてました。

 ちなみに現地報道によると、タラちゃんの元にはこれ以外にも色んな仕事が取材の問い合わせが殺到しているようす。当分の間このタラちゃんブームは続きそうですね。

参考・引用:
YouTube