相模屋食料株式会社(群馬県前橋市)は、特撮テレビドラマ『仮面ライダー鎧武』とコラボした「仮面ライダー鎧武とうふ」を4月30日に発売開始した。相模屋食料は『機動戦士ガンダム』とコラボした「ザクとうふ」も発売している。

【関連:鎧武脚本の虚淵「初瀬ちゃんはマドマギのマミさん」―初瀬役の白又敦さんブログで14話のエピソードを紹介】

 今回発売された「仮面ライダー鎧武とうふ」は、子供のための豆腐“キッズとうふ”の一つとして展開。味だけではなく、見た目も楽しめるようパッケージに『仮面ライダー鎧武』のイラストが大きくあしらわれ、豆腐本体は変身アイテムのロックシードの形になっている。

 発売されたのはオレンジ風味の豆腐「仮面ライダー鎧武とうふ オレンジ」と、バナナ風味の豆腐「仮面ライダー鎧武とうふ バナナ」の2種類。それぞれ仮面ライダーのシール1枚が同梱されている。

 材料には、不二製油豆乳クリームが使用されており、牛乳や卵不使用のため、牛乳や卵アレルギーの子供でも食べられる。そして気になるお味は「バランスの良い甘さ」に仕上げられており、豆腐が苦手な子供でも食べやすい工夫がされている。

 「仮面ライダー鎧武とうふ」は価格各158円(税抜)。関東地区を中心とした全国のスーパーマーケットやショッピングモールで販売されている。