日本中央競馬会(JRA)は、12月11日(水)15時から『進撃の巨人』とのコラボレーション企画第二弾『進撃の有馬記念』を開始した。

TOPページは、新たに描き下ろされた14体のキャラクターが中山競馬場に登場。調査兵団のメンバーが、中山競馬場を駆ける大変貴重な1枚になっている。

【関連:JRA主催、「進撃のジャパンカップ」開幕―調査兵団と巨人によるカオスなレースが見所】


新たに公開されたミニゲームでは、進撃メンバー7人のキャラクターの中から好きな1人を選んでレースに参加できるようになり、キャラクター毎にオリジナルのシナリオと映像が用意されている。
また、それぞれのキャラクターの声優による、オリジナルボイスも収録。第1弾『進撃のジャパンカップ』にはなかった、キャラクター同士の掛け合いが楽しめる。

そしてレースに勝利すると『ウォールアリマ』と呼ばれる壁紙がプレゼントされる。壁紙は全12種類用意されており、レースを体験する度に様々な壁紙をダウンロードすることが可能。

なお、先立って実施された『進撃の有馬記念人気投票』で○○億票を獲得し話題となったハンネスに関しては、レース映像には登場しないが、その理由についてハンネス自身が語っている動画が公開されている。

またレースに出場しない代わりに1位を記念して「JRA壁紙工事団」と呼ばれる団体によって、ハンネスオリジナル壁紙が制作されている。
※ハンネスの壁紙は全12種に含まれません。

参考:
進撃の有馬記念(12月27日迄)