ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパンが、12月29日から31日かけて東京ビッグサイトで開催される「コミックマーケット85」に企業出展することが分かった。ディズニーがコミケに出展するのはこれが初。

ディズニーがコミケでPRするのはアニメ作品ではなく、2014年1月18日公開のSF映画「エンダーのゲーム」。

【関連:コミケ一般参加初心者のための“誰も教えてくれないコミケの常識”】

「エンダーのゲーム」(Ender’s Game)は、オースン・スコット・カードのSF小説が原作。物語では「宇宙戦争を終わらせる」宿命を背負って生まれた運命の子エンダーが様々な困難に立ち向かいながら成長していくさまが描かれている。なお、10月25日には日本語版予告が公開されている。

参考:「エンダーのゲーム」日本語版 予告編

(c)2013 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.