ミリタリーと萌えを追求した異色のアニメ「ガールズ&パンツァー」。その舞台となった大洗町のGoogleストリートビューが今年5月に撮影されたものに更新されネット上で話題を集めている。

【関連:大洗に戦車がやってきた!「海楽フェスタ」ガールズ&パンツァーリポート!】


確認したところ、駅前すぐは2011年のままだが、1本通りを変えると2013年5月に撮影された画像が確認できる。てくてくてくてくと移動していくと、登場キャラクターらのパネルが町のあちこちで確認でき、大洗に行けない人でも充分ガルパン街おこしの雰囲気が味わえる。

今回の更新をうけ、ファンらは早速「ヴァーチャル聖地巡礼」を開始している。ただ、場所によってはキャラクターパネルにモザイク処理が施されている箇所があり「残念」という声も聞かれている。だがしかし!角度を変えるときちんと見えるので、もしモザイク処理されたパネルを見ても諦めず各自で調整して欲しい。

参考:Googelストリートビュー大洗町