永井豪さんの「マジンガーZ」「グレードマジンガー」「UFO ロボ グレンダイザー」が2014年1月にアニメ化される事が決定した。
しかも驚くことに、出演キャラクターは「萌擬人化」される。そう、美少女化されるのだ。

【関連:本物の銀貨がついた「1/20マジンガーZ」でパイルダーオンごっこをやってみた】


タイトルは「ロボットガールズZ」。ヒロイン3人の声は本多真梨子、水瀬いのり、荒波和沙の今注目の若手声優が担当する。

東映ビデオでは2014年1月からの放送に先駆けて、7月30日から公式サイトをオープン。そして、ミニエピソード「0話」のPV配信をスタートしている。

原作の「マジンガーZ」は、2012年12月に放送開始40周年を迎え、今年はアニバーサリー年にあたる。
これまでにも40周年を記念した商品やイベントが数々発表されてきたが、今回の発表はファンにとっては最も度肝を抜くものになっている。

なお、放送は東映チャンネルから。PVは公式サイト、ニコニコ動画、YouTube で配信されている。

公式サイト:http://www.robot-girlsz.com

(c)ダイナミック企画・東映アニメーション (c)ロボットガールズ研究所