4月に放送開始されたテレビアニメ「進撃の巨人」。放送開始以降、様々な話題を振りまいてきたこの作品のオープニング曲「紅蓮の弓矢」が、カラオケで6月から配信されています。

【関連:「進撃の巨人」未発表マンガ0巻同梱のBD&DVD第1巻発売開始―初日は売上好調】


配信開始されるやカラオケ週間ランキング1位を獲得。それだけ多くの人が挑戦しているようですが、一部のファンからは「ドイツ語の部分が難しくて言えない」という悲痛の声が多く挙げられていました。

それについてここ数日インターネット上で、次のような冒頭ドイツ語部分の空耳※が話題を集めています。

――すいません、そこ、右に家が

他にも調べてみたところ、この冒頭部分の空耳には

・すいませんそこ右にイェーガー
・ディエゴ先生のディズニ映画
・すみません!そのディズニ映画
・すいません、そのボルレジが

など様々バージョンがあるよう。
ただ、多くの人は「すいません、そこ、右に家が」を支持しており、一番耳にしっくりくるようです。

今週末カラオケにお出かけの方は是非試してみては?

参考:
NAVERまとめ:http://matome.naver.jp/odai/2137147308825737501

※空耳:実際には違う言葉だが、同じように聞こえること