プリントシール機をはじめとした女性向け事業や、家庭用ゲーム、クレーンゲームの景品(プライズ)などを手がけるフリュー株式会社が、“アニメ事業”への本格参入を発表した。


【関連:アニサマ2013、さいたまスーパーアリーナで8月23日から初の3Days開催】

アニメ製作第一弾は、スクウェア・エニックスが発行する「ヤングガンガン」で連載中の漫画「どーにゃつ」(著:コザキユースケ)を原作とした作品。

声優キャストは主人公「どーにゃつ」役を田村ゆかりさん、主人公とメインで会話を繰り広げる「ベーガル」役を藤原啓治さんに決定。制作はギャザリング、監督はまんきゅうさんが担当する。

公開は新宿バルト9はじめ、株式会社ティ・ジョイ系列の全国の劇場にて上映が決定しており、全作品の本編上映前に、約2分間のショートムービー形式で上映される。
さらに、毎月最新作の上映も予定されており、新キャラクターの登場や、アニメだけのオリジナルストーリーが展開される。

(C)コザキユースケ/スクウェアエニックス・どーにゃつ製作委員会
(C)KOZAKI YUSUKE/SQUARE ENIX