2012年8月のさいたま開催からスタートした、人気アニメ「ワンピース」のグランドアリーナツアーがいよいよ後半戦に突入する。

このイベントは、主人公ルフィ率いる「麦わらの一味」の冒険を、旅立ちから現在まで追体験できる展示イベント。つまり「ワンピース」のテーマパークになっている。


【関連:「ワンピースグランドアリーナツアー」内覧会にAKB北原が登場!好きなキャラは「サンジ」】
 
今までの5会場で累計20万人以上を動員。各会場で大反響だった本イベントは6会場目となる広島会場で新コーナー「パンクハザード」が追加される。

この新コーナーで特に注目なのは、七武海「トラファルガー・ロー」と「スモーカー中将」の等身大キャラクター展示。

製作を手がける高野さんによると、「お客さんの持っているキャラクターの雰囲気を出すため、衣装は各キャラクター専用に縫製をして、生地の質感にもこだわりを持って製作。肌の表現も、透明感やくすみ、肌の濃淡等も入れる」など様々な工夫を凝らしているとのこと。

なお、今回の新コーナーに合わせ「ロー」の関連グッズも、広島から新商品が登場する。

『ワンピースグランドアリーナツアー』は5月3日(金)から広島、7月27日(土)からは新潟、8月10日(土)からは静岡、8月28日(水)からは岡山と残り4ヶ所での開催が予定されている。

【公式サイト】http://opga.jp

(C)尾田栄一郎/集英社・フジテレビ・東映アニメーション