『機動警察パトレイバー』の実写化プロジェクトが正式発表された。

発表されたのは、3月21日から東京ビッグサイトで開催の『東京国際アニメフェア2013』の会場と、プロジェクト始動を掲示した公式ホームページを通じて。


【関連:『戦国BASARA』初のミュージカルが宝塚歌劇団花組で上演】
 
発表内容は、プロジェクト始動と制作が東北新社ならびにオムニバス・ジャパンであること。
公開時期については「Coming in 2014」とのみ書かれており、2014年公開が予定されているものとみられる。

今発表ではその他については一切知らされていないが、公式ホームページのULR名が「http://patlabor-nextgeneration.com/」と表記されており、今作では「nextgeneration」というワードが何らかの意味を含んでいるものと推測される。

「nextgeneration」(ネクスト・ジェネレーション)とは、「次世代」「次期世代」などを意味する言葉。

原作そのままを忠実に実写化するならばこうした言葉が使用されることは考えにくい。登場キャラクターを刷新し、新『パトレイバー』が描かれるのか?それとも原作の続きとしてその後が描かれるのか?
現状では発表されている内容ではないため憶測でしかないが、未発表のスタッフ情報含め、続報が待ち望まれる。