2月23日に日本台湾で同時公開される映画『牙狼〈GARO〉~蒼哭ノ魔竜~』。

映画公開を記念して2月17日に台湾・台北市で開催されていた、台湾最大級のコミックフェアイベント『国際動漫節』に、雨宮慶太監督と黄金騎士ガロが参加した。


【関連:『牙狼』小西遼生、試写会イベントで“呪いの手紙”が届いた過去を告白】

 

会場で実施された『牙狼〈GARO〉』のイベントでは、同作の主人公・冴島鋼牙のコスプレをした熱狂的なファンが登場。見事な殺陣を披露し会場を賑わすと、続いて日本からやってきた黄金騎士ガロが登場。会場から大歓声が上がった。

その後には雨宮慶太監督のサイン会が行われ100名を超える長蛇の列ができ、大盛況の後に終了した。また、会場内には巨大な牙狼〈GARO〉ブースが設けられ、実際に映画で使われた着ぐるみスーツや衣装、小道具などが展示され、一時は歩行が困難になるほどの混雑となり、同国での劇場初公開とは思えないほどの注目ぶりが際立った。

(c)2012 雨宮慶太/東北新社