アニメーション制作会社のゴンゾ、トリガー、ZEXCS、マッドハウスの4社が短編アニメーションを制作する、若手アニメーター育成プロジェクト「アニメミライ2013」で制作された25分の短編アニメーションの公開日が2013年3月2日(土)に決定した。


【関連:劇場アニメーション「ハル」を2013年6月に公開決定】
 
「若手アニメーター育成プロジェクト」、通称「アニメミライ」は、一般社団法人日本アニメーター・演出協会が文化庁から委託をうけ運営するアニメーター人材育成事業。

今回「アニメミライ」から誕生した作品は、株式会社ゴンゾ 『龍-RYO-』、株式会社トリガー 『リトル ウィッチ アカデミア』、有限会社ZEXCS 『アルヴ・レズル』、株式会社マッドハウス 『デスビリヤード』の4作品。
公開は新宿バルト9ほかが予定されている。

なお、本年度もアニメミライ広報大使に西川貴教が就任。またオーディションによって選ばれた5人の公式リポーターが毎週の取材リポートで、各社の制作状況を公式サイトを通じて伝えている。

また、2月1日から枚数限定の豪華ブックレット付き前売券も発売決定。今後の展開にも注目したい。

◆株式会社ゴンゾ 『龍-RYO-』
監督:千明 孝一 プロデューサー:石川 真一郎

◆株式会社トリガー 『リトル ウィッチ アカデミア』
監督:吉成 曜 プロデューサー:堤 尚子

◆有限会社ZEXCS 『アルヴ・レズル』
監督:吉原 達矢 プロデューサー:川﨑 とも子

◆株式会社マッドハウス 『デスビリヤード』
監督:立川 譲 プロデューサー:角木 卓哉

アニメミライ公式HP:http://animemirai.jp