「プロダクション I.G」から2012年6月に独立した「WIT STUDIO」が初めて手がける劇場中編アニメーション作品「ハル」が2013年6月8日に公開決定したことが明らかとなった。

「WIT STUDIO」創業者の和田丈嗣と中武哲也は「プロダクション I.G」所属時には『君に届け』や『戦国BASARA』シリーズのプロデュースを手がけている。


【関連:出版社の垣根超え劇場版「ワンピース」のスクリーンにも神降臨】
 
なお、キャラクター原案は、漫画『アオハライド』『ストロボ・エッジ』(別冊マーガレット/集英社)などの作品で年代問わず女子からの絶大な支持を得る、漫画家・咲坂伊緒が担当。

脚本は『すいか』や『Q10』など、さわやかでありながらも深い人間像を描く、木皿泉。監督は、『四畳半神話体系』『ギルティクラウン』で各話絵コンテ、演出を務め、圧倒的なクオリティの映像を作り上げた牧原亮太郎が担当している。

そして、本作の世界観を表現するキービジュアルのアートディレクターには、写真に刺繍を施すという独特な手法を用いるアーティスト・清川あさみが参加。独特な世界観で作品を盛り上げる。

物語は、事故で最愛のハルを失った“くるみ”とハルのかわりとなる“ロボハル”の、人とロボットが心通わせる奇跡を描いた近未来ラブストーリー。

劇場公開に向けて公式ホームページ、Twitter とも早速スタートしている。

監督:牧原亮太郎 
脚本:木皿泉 
キャラクター原案:咲坂伊緒 
制作会社 :WIT STUDIO
公開情報 : 2013年6月8日全国公開
公式サイト : http://hal-anime.com

(c)2013 ハル製作委員会