『ロード・オブ・ザ・リング』3部作を手掛け、アカデミー史上最多受賞を果たした巨匠ピーター・ジャクソン監督が放つ、全世界待望の新しい“指輪”の物語。

世界中で1億人が読んだ、J.R.R.トールキンによる伝説の冒険小説作『ホビットの冒険』を完全映画化するエピック・ファンタジー・アドベンチャー超大作『ホビット』シリーズの第1部『ホビット 思いがけない冒険』が、12月14日(金)日本を始め、全世界約67ヶ国で同時公開された。


【関連:銀座「ホビット」ショップオープン初日レポ】
 
12月1日(土)に“ジャパン・ホビット・フェスティバル”と銘打ち、ピーター・ジャクソン監督ら新たな冒険の仲間が来日を果たし、都内で来日記者会見とジャパン・プレミアが開催された。
約400名の報道陣と、約2000名のファンが駆けつけ、大盛況の内に幕を閉じた。

その来日イベント中に、ジャクソン監督と、日本を代表する世界的人気ゲーム『ドラゴンクエスト』シリーズの生みの親・堀井雄二氏との夢の対談が実現していたことが、この度明らかになった。

『ドラゴンクエスト』シリーズは、製作・開発に堀井雄二氏、キャラクターデザインに鳥山明氏、音楽にすぎやまこういち氏が参加。
1986年の第1作発売以来26年もの間、不動の人気を誇り、シリーズ累計約4000万本の国内出荷本数を記録する、国民的ロールプレイングゲーム。

最新作『ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン』でも、緻密に構築された壮大なストーリーや手に汗握る戦闘だけでなく、運命に翻弄される主人公とその仲間たちによる大冒険、エルフ族やドワーフ族などの登場など、『ロード・オブ・ザ・リング』『ホビット』シリーズに通じる世界観を持つことから、今回の対談企画が実現した。

一足先に本作を鑑賞し、20代の頃にJ.R.R.トールキンの冒険小説に触れたという堀井氏は、本作について「素晴らしい映像でした。トールキンの世界観を、誰もが納得できる映像にしたなと。どこが実写でどこがCGか分からないくらいリアルで、本当に感動しました」と熱く語り、主人公ビルボに対しても「『ドラゴンクエスト』の中でも、ごく普通の少年が突然主人公に選ばれて冒険に出るという設定が結構多いんですよね。『ホビット』と、とても近いものがあると思います。今後のビルボの成長が楽しみですね」と『ドラゴンクエスト』との共通点を披露。

ジャクソン監督も「私が好きなストーリーは“思いがけないヒーロー”がいるものなんです。正にビルボがそうなんですが、彼は好んで冒険するわけでもないし、戦士でもなければ剣も使えない。本当は家に居たいというキャラクターなのに旅に連れて行かれてしまいます。彼に共感しながら一緒に冒険ができる。私たち自身がビルボの気持ちになれると思います。」と自信作をPRした。

今回の対談企画の全文は、12月20日発売のエンタメ誌「オトナファミ」で掲載される。
日本を代表するゲーム『ドラゴンクエスト』との多くの共通点を多く持つ『ホビット』シリーズ。日本国内興行収入シリーズ累計272億円を突破した『ロード・オブ・ザ・リング』の世界を舞台に、新たな冒険がいよいよ幕を開ける!

監督:ピーター・ジャクソン
製作:ピーター・ジャクソン、フラン・ウォルシュ、キャロリン・カニンガム
脚本:ピーター・ジャクソン、フラン・ウォルシュ、フィリッパ・ボウエン、ギレルモ・デル・トロ
製作総指揮:アラン・ホーン、トビー・エメリッヒ、ケン・カミンズ
出演:イアン・マッケラン、マーティン・フリーマン、リチャード・アーミティッジ、ケイト・ブランシェット、イアン・ホルム、クリストファー・リー、ヒューゴ・ウィーヴィング、イライジャ・ウッド、アンディ・サーキス

公式サイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/thehobbitpart1/

(c)2012 Warner Bros. Ent. TM Saul Zaentz Co.