先日、インターネットのない環境で、ふと数年ぶりにタウンページにお世話になる機会がありました。
タウンページが何かって?あれですよ、あれ、テレビCMで石原良純さんが芸能人や一般人の家に問答無用で上がり込み、その家で困っている事を強引に聞き出し、ドヤ顔しながらおせっかいする時に使っている、あの“黄色くて分厚い本”の事ですよ。


【関連:熟女って一体何歳から?】
 
タウンページといえば、一般家庭以外の会社や個人自営業者など、事業者の電話番号が業種別に掲載されている、いわゆる「業者だけの電話帳」的なもの。
多くの国ではイエローページと呼ばれるもので、日本ではNTTが発行しています。

さてそのタウンページ。久しぶりに見てみると意外な発見がありました。
ちなみにその時に私が調べていたのは「障子」という項目。

「障子…障子」とペラペラページをめくっていると、近しい欄にあった業種が「小説家」。一瞬目が釘付けになってしまいました。

掲載されている方が有名なのかは置いておくとして、「え!こんな業種載ってるの?」と。

過去には漫画家の手塚治虫さんの電話番号が電話帳に掲載されており、ファンからの電話が後をたたなかった……。
という逸話は聞いたことがありますが、今だこうした業種が掲載されていることに驚かされました。

そこで、タウンページに掲載されている業種の全てに目を通し、掲載されているものの中から、掲載されている事があまり知られていない意外な業種を調査してみました。

――掲載されてて意外だった業種
・小説家
・演出家
・歌人
・画家
・芸妓
・作家
・作曲家
・評論家
・マジシャン
・漫画家
・漫才
・落語家
・宮内庁

「小説家」は最初に紹介しましたが、それにしてもあるわあるわ。しまいには、業種として「宮内庁」が扱われていることも発見。
これらは昔から掲載されていたのかもしれませんが、それにしてもちょっと驚きな発見でした。

最後に、「掲載されていて意外だった業種」を探している最中、個人的に気になる業種もいくつかありました。
それらもおまけに「見かけてきになった業種」としていくつかご紹介。

――見かけて気になった業種
・猿回し
・影絵劇団
・カモシカ園
・仮面制作
・軍払い下げ品
・水先案内
・るつぼ
・人工衛星製造

(文・写真:宮崎美和子)