ついに本日発売となった、株式会社カプコンの人気ゲーム「バイオハザード」のシリーズ最新作「バイオハザード6」。

4回に渡る「バイオハザード6」特集の第4回目となる今回は、7人の運命を味わえるゲーム性、新たな楽しみの一つ、「エージェントハント」。
そしてバイオ6を遊び尽す為の完全無料のゲーム連動型WEBサービス「RESIDENT EVIL.NET」をご紹介。


【関連:「バイオハザード6」まとめ第3回-様々なシチュエーションのゲームシーン】

 

--7人の主人公の運命を味わい尽くせ
「バイオハザード6」のエイダ編を除く3つのストーリーでは、2人の主人公からプレイヤーキャラを選ぶこととなる。
選ばれなかった主人公は、パートーナーとしてプレイヤーに同行する事となるが、主人公とパートナーでは、装備や特徴以外にも“視点”が異なるのだ。ゲームを進める内にはパートナーと別れて行動することや、それぞれの心情に合せた行動を取ることもある。同じ物語であっても視点が変わることで、異なる体験が待っているのだ。
4つのストーリーだけではなく、7人の運命全てを味わって欲しい。

▼不安定な場所を伝っていくクリスと、スナイピングで援護するピアーズ。他にも役割分担するシチュエーションはさまざま。

▼「SPLIT Co-op」ではオフラインでも協力プレイが可能。1台のゲーム機、テレビで協力プレイが楽しめる。同じプレイ空間を違う視点で体験している事が良く判る。

 

--エクスsトラコンテンツを味わい尽くせ
「バイオハザード6」の新たな楽しみの一つ、「エージェントハント」。このモードは云わば「クリーチャーとのクロスオーバー」。
プレイヤーはクリーチャーを演じて、他のプレイヤーのゲームへ乱入する事が出来る(最大2人まで)。「恐怖を与える側」の役割を楽しんで欲しい。乱入された側も。血の通ったクリーチャーならではの戦闘が新鮮な恐怖を呼ぶだろう。乱入を好まないプレイヤーには不可と設定する事も可能だ。そして、もちろんアクションに特化したエクストラゲーム、「ザ・マーセナリーズ」も収録されている。物語を終えた後も「バイオハザード6」は終わらない。

▼ジュアヴォやゾンビ、様々なクリーチャーを操作できる。ジュアヴォ使用時には、ダメージを受ければ変異し、サナギ化し他のクリーチャーへと変異する事も。

▼制限時間内でのハイスコアを目指す「ザ・マーセナナリーズ」。協力プレイも可能だ。

 

--「バイオ6」を遊びつくすために…「RESIDET EVIL.NET」に登録しよう
「バイオハザード6」には世界中のプレイヤーと繋がる完全無料のゲーム連動型WEBサービス「RESIDENT EVIL.NET」(以下RE.NET)が用意されている。RE.NETでは自身の様々なプレイデータの管理に始まり、友人のプレイ状況やリアルタイムの世界でのプレイ状況を知ることが出来る。新たなやり込み要素も発見できる。また遊ぶほどに貯まる「REポイント」を交換して、「ザ・マーセナリーズ」で使用可能なコスチュームやフィギュアを手に入れたり、初心者から上級者まで楽しめる様、さまざまな趣向を凝らしたオンラインイベントも開催される。
ゲームを始めたら、まずhttp://www.residentevil.net/へアクセスしよう。

 

――商品概要
商品名:バイオハザード6
発売日:2012年10月4日(木)
希望小売価格:¥7,990(税込)
ジャンル:サバイバルホラー
プレイ人数:1~4人
プラットフォーム:PlayStation®3 / Xbox 360® / PC(PC版の発売日、価格は未定です)
CEROレーティング:D
公式サイト: http://www.capcom.co.jp/bio6/

(c)CAPCOM CO., LTD. 2012 ALL RIGHTS RESERVED.