もうすぐお盆の時期ですね。お盆といえば里帰り。
子供の頃の里帰りといえば、お父さんやお母さんの実家に帰っておじいちゃんやおばあちゃんに会うのが楽しみで仕方なかった人も多いのでは?

今回の記事では、そんな里帰りで見かけた皆大好き「おばあちゃん」のあるあるをご紹介したいと思います。


【関連:声優が同じで意外と驚くキャラクター】

 

今回の記事はインターネットで拾ったあるあるや、私(筆者)の周りから集めた情報をまとめています。ただ、まとめている私が昭和生まれなため、昭和臭の強いチョイスになっているかもしれません。その点ご了承ください。

 

・一度でも「好き」と言った食べ物は大人になっても出してくる

・ゴキブリを手で叩ける

・「夜中に口笛を吹くとヘビが出る」など迷信で子供をしつけようとする

・使い終わったピップエレキバンの磁石をとっている

・入浴剤は「バスクリン」か「バブ」

・意外と最新家電を揃えてる

・パンツが半端なくでかい

・やっぱり氷川きよしが好き

・孫宛のメールに可愛い顔文字を多用して送ってくる

・変な色した手作りスタミナドリンクを飲ませようとする

・必ず飴玉を持っている

・近所に出かける時の持ち物は全て巾着に入れている

・スカパー(ケーブルテレビ)大好き

・テーブルに置いた残り物のご飯に傘みたいなやつを被せてる

・「早く死にたい」と言う割に健康に人一倍気を配ってる

・お小遣いをくれるとき「お母さんには内緒ね」と念を押す

・散歩の時摘んできた野草が夕飯になっている

・寝るときに腹巻をすすめてくる

・家は滅茶苦茶ボロいのにトイレは何故かウォシュレット

・玄関を使わず軒先や勝手口からばかり出入りする

・他人の家に行くと玄関からじゃなくいきなり窓から声をかける

・夕飯のメニューが全て茶色

・オロナミンCに生卵を入れたやつを飲めと勧めてくる

・何十万もするマッサージチェアを持っている。しかも使ってるのを見たことない

・昼寝は外から見える位置で窓全開でゴロ寝

・夏の冷蔵庫にはカルピス原液が必ず常備されている

・アロエは万能薬

 

子供の頃は毎年帰っていたお父さんやお母さんの実家。大人になって少し疎遠になっている方も多いのでは?もしくは、もうお亡くなりになっている場合も……。

家族みんなを思い、家族みんなに慕われる。それこそ家の太陽の様なおばあちゃん。各家庭、今回ご紹介した以外にも更なる“あるある”をもったおばあちゃんがいるかと思います。
「うちんとこのばあちゃん“あるある”はこれ!」「いやいやこんな“あるある”もあるぞ」そんなネタがあれば、是非本記事にツイートで補足を加えていただければと思います。