漫画とアニメの融合を図った新サービス「TomoToon(トモトゥーン)」の提供がNext Media Animation Japan株式会社から開始された。

「TomoToon(トモトゥーン)」は、最新テクノロジーの力を使い、漫画をそっくりそのまま掲載と同時にフルCGムービーにしてしまうというサービス。
提供はスマートフォンからになっており、指定のQRコードを読み込む事で視聴ができる。


これまでマンガのアニメ化は、「アニメ化されるまでに時間がかかる」「原作のストックが必要」等、敷居の高いイメージがあった。

【関連:「神様はじめました」アニメ化決定】

 

それが今回開始された「TomoToon」では、450人体制の台湾アニメスタジオの圧倒的スピードと技術力、さらに日本の広井王子が監修するクオリティの高いアートディレクションにより、超短期間でCGムービー化できるスキームが確立されている。

既に「TomoToon」のサービス第1号が、集英社発行「ジャンプSQ.」9月号(8月4日土曜日発売)の新作マンガ「ヤハべえ」で公開されている。
付帯印刷されたQRコードをスマートフォンで読み込む事で、「ヤハべえ」全42ページ分が、ソックリそのまま約20分間のフルCGムービーとして視聴できる。サービスは無料。

【「ヤハベえ」TOMOTOONトレーラー(30秒Ver.) 】