2012年7月25日に発売が予定されていた「バットマン」のコミック最新刊「Batman Incorporated #3」が、米国コロラド州の映画館で20日未明に発生した銃乱射事件に影響をうけ、発売を8月22日まで延期したことが明らかとなった。


発売元のDCエンターテイメントによると、
「コロラド州オーロラで起こった事件の被害者や家族にそれを連想させる描写が含まれるためBatman Incorporated #3のリリースを1カ月延期することを決定した。」
と発表している。

なお、一部小売店には24日に該当書籍が既に届いており、そうした小売店に対してはE-mailなどで8月22日まで販売しないよう案内しているとのこと。

20日未明に起こった銃乱射事件は、バットマンの映画シリーズ最新作「バットマン/ダークナイト・ライジング」上映中に起こっており、また犯人は自分をバットマンの登場人物「ジョーカー」だと名乗っていた。