「NEXT」と呼ばれる特殊能力者達が、スポンサーロゴを背負って街の平和を守る異色のスーパーヒーローアニメ「TIGER & BUNNY」。

2011年にテレビアニメとして放送され、大ヒットを記録。2012年9月22日には劇場版アニメ第1弾が、2013年には劇場版アニメ第2弾の公開が決定しています。


その劇場版第1弾「劇場版 TIGER & BUNNY -The Beginning-」の、特典付き前売券第2弾が7月7日に発売開始されました。
特典付き前売券第2弾の売れ行きは好調なようで、16日時点で総計42,000枚の販売を記録しています。

なお、特典付き前売券第1弾に続き今回も、発売日の7月7日、“新宿ピカデリー”と“新宿バルト9”では前売券購入者が先着で参加できるヒーロー握手会が開催されました。
当日はあいにくの天気ながら、開始7時には多くのファンが詰めかけ、ファン待望の握手会にはワイルドタイガー、バーナビー・ブルックス Jr.が登場しました。

とここまでは、第1弾のヒーローカード付き前売券の発売日と同様ですが、同じく“新宿ピカデリー”と“新宿バルト9”の両支配人による、それぞれの劇場のプライドをかけた熱い戦いが再び繰り広げられました。

前回の「新宿ピカデリーVS新宿バルト9」をご存じない方のために、軽くご紹介しますが、この両劇場。
2012年3月24日の特典付き前売券第1弾発売日に「どちらが先に前売券特典を配布し切るか」を両劇場の支配人同士が勝手に競い合い、結果“新宿ピカデリー”が勝利。
しかも勝者・敗者写真を世間に公表し、そのあまりの“ドヤ顔”“敗者顔”っぷりの良さに、ネットの住人を中心に話題を集めた出来事がありました。

さて、その因縁とも言える対決の結果は……。
なんと前回敗者の“新宿バルト9”が雪辱を果たしたそうです。

そしてこちらが、今回勝者の新宿バルト9・石田支配人のドヤ顔。
余裕シャクシャクの様子です。

ただ、ちょっと気になったのですが、前回記事で紹介した石田支配人より、横に激しく成長してしまわれたような……。(気になる方は前回記事と比較してみてください)

そしてこちらが、今回敗者の新宿ピカデリー・伊地知支配人の凹み顔。

前回敗者写真で、新宿バルト9・石田支配人が新宿ピカデリーの入口階段を這い上がるという写真を公開しましたが、それを思わせる逆バージョンの写真でその屈辱を表現してきました。

凹み顔といいつつ、頂上を見上げ微笑みとも取れる表情を見せています。
ワイルドタイガーの虎徹にも重なる、不屈の精神が伺えます。

もし次回があるならば、再びあの満面のドヤ顔を見せてくれることでしょう。

なお、今回の握手会は全国各地でも開催されています。
大阪では“梅田ブルク7”と“大阪ステーションシティシネマ”で既に15日に開催されており、次回は22日に名古屋の“ミッドランドスクエアシネマ”、そして博多の“Tジョイ・博多”で開催されます。名古屋会場の参加ヒーローはバーナビー・ブルックス Jr.、博多会場の参加ヒーローはワイルドタイガーが登場予定とのこと。

イベントや販売劇場などの詳細情報については、「劇場版 TIGER & BUNNY -The Beginning-」の公式ホームページを確認してください。

<第2弾前売券概要>
発売日:7月7日(土) ※絶賛発売中
一般券:1,500円 ペア券:2,800円   ※ペア券は今回も描き下ろしです
前売購入特典:『マスコットでもワイルドに吠えるぜ!! メタリックver.』
ワイルドタイガー、バーナビー・ブルックス Jr.
Official web: http://www.tigerandbunny.net/

(c)SUNRISE/T&B MOVIE PARTNERS