全日本ブライダル協会会長でブライダルファッションデザインの第一人者である桂由美が提唱した「プロポーズの日」。6月の第1日曜日とされるその日が今年は6月3日にあたります。

その「プロポーズ」の日を目前に、株式会社ウエディングパークが運営する「ガールズスタイルLABO(GSL)」で、男女169名を対象に「プロポーズに関する実態調査」が行われました。


――今だ根強い「プロポーズは男性からするもの」全体の約75%が回答
プロポーズに関して「男性から女性にするものだと思うか?」という設問に、「強くそう思う」が32.5%、「そう思う」が42.0%の合計で74.6%が回答したそうです。逆に、「女性からしてもいいと思う」が25.4%。

これは今だ結納などの儀式に残る、「結婚申し込みは男性から女性へ」という慣習の無意識での名残とも思われますが、結婚という一大事、「ここぞという時は男性がリードすべき」という思いも回答者の中には少なからずあるのではないでしょうか?

なお、この回答には男女別や世代別の違いは見られませんでしたが、未婚者は「女性からしてもいいと思う」と考える傾向が31.5%とやや高い結果となっています。

――プロポーズを受けてないのに結婚しちゃった人が実は13%も存在
次に既婚者に対して「プロポーズをした(受けた)経験」を確認すると86.1%はプロポーズから結婚に至っているそうですが、「プロポーズをしていない(されていない)」ままで結婚に至った人も全体の13%も存在したそうです。

プロポーズをしていない(されていない)のにどうやって結婚できたのか?先に子供が出来てしまっての「授かり婚」の流れなど、環境の変化などで自然にという事が想像できますが具体的な経緯が少し気になるところです。

――憧れの芸能人ウエディング「梨花、神田うの、木下優樹菜」がTOP3
憧れの芸能人ウエディングについての設問には、一時は独身女性の代表格でもあった「梨花」が1位にランクイン。次いで「神田うの」、「木下優樹菜」の順となったそうです。

――結婚式にゲストで呼びたい芸能人は「福山雅治、AI、Mr.Children」無茶な回答が上位に
結婚式にゲストとして呼びたい芸能人に関しての設問には、「福山雅治」「AI」「Mr.Children」「DREAMS COMETRUE」など歌手をあげる人が多く、無理とは分かりつつもウエディングソングを大好きなアーティストに歌ってもらい一生の思い出にしたいという傾向が強かったそうです。

なお、お笑い芸人では「スギちゃん」(サンミュージックプロダクション所属)がダントツの1位という結果。
スギちゃんといえば2012年のR-1グランプリで準優勝を獲得し、今ではテレビに出ない日はないという程の人気もの。
ただし、本人はその人気にいたって冷静で未来を悲観する自虐ネタも最近では多く語っています。今回の「結婚式にゲストに呼びたいお笑い芸人1位」、もしテレビから消えたとしても、今度は結婚式で引っ張りだこの人気芸人になれる……かもしれませんね。

[調査概要]
表題:プロポーズに関する実態調査
調査主体:ガールズスタイルLABO
調査方法:インターネット調査
調査期間:2012 年4月26日~5月11日
有効回答:20 代~50代の男女169名