ガリアレボリューション株式会社(東京都中央区、代表取締役:森田英嗣)が、オンラインゲーム事業への参入を発表した。第一弾となるタイトルは、韓国のEYA SOFT社開発の、ゲームクライアントをダウンロードするタイプの本格的MMORPG「Cocoloa(ココロア)」を予定。
その他、オンラインゲームサービス開始と同時に、会員データや課金決済が行える、ポータルサイト「ゲームハート」もオープンするとしている。


EYA SOFTは他のゲームサービスで既に日本展開をした実績があり、ネクソンでは「レジェンド オブ エッダ」、ガーラジャパンでは「IRIS Online」など、一つの企業にこだわることなく、複数の企業を通じ日本オンラインゲーム業界での実績を積んでいる。
また、今回ガリアレボリューションの内部で運営に携わるスタッフも、他のオンラインゲーム企業のベテランスタッフが移籍加入しており、ガリアレボリューション自体はオンラインゲーム事業が初の参入ながら、開発・運営ともに充実した運営体制が整えられている。

なお、テスト類やサービス開始などの詳細情報については今回は未発表。続報は、来週2012年4月26日17日に行うとしている。

●関連URL
▼ゲームハート

http://gameheart.jp/