株式会社ネクソンは、アイスランドのCCP Gamesが開発したSF MMO「EVE Online」のクライアントDVD配布イベントを4月14日に実施した。
JR秋葉原駅の改札内にて行われたイベントでは、秋葉原駅構内の電気街口改札内スペースに「EVE Online」をイメージしたブースを設置。新技術を駆使した、ミクロの霧でできた「フォグスクリーン」に迫力あるプロモーション映像を映し出し、秋葉原の駅一部に「EVE Online」の世界観を作り上げた。


また、宇宙をイメージした衣装のコンパニオンによってクライアントDVD配布も行われた。

今回配布したDVDには、30日間無料体験できるコードが含まれており、今後ドスパラ秋葉原本店、デル、TSUKUMO(ツクモ)の一部販売店舗でも数量限定で配布される。

「EVE Online」は海外では2003年にリリースされ、現在では英語・ドイツ語・ロシア語、中国語(別サーバー)で世界200ヵ国もの地域と人に利用されている。

「EVE Online」の世界は、遥か未来、現在から25,000年後の大宇宙。7,000以上の無数の星系からなる広大な銀河で構成された世界で、プレイヤーは宇宙船を操って飛び回り、コーポレーションやその連合体であるアライアンスに所属して経済・政治活動を行ったり、近隣星系の領有権を巡る戦争に参加したりしながらゲームを進めて行く。