2012年10月4日に発売を予定している、PS3/Xbox360「バイオハザード6」の新情報「新たな脅威」が公開された。

公開された情報は、ナンバリングタイトルとして久しぶりに登場する「ゾンビ」、傷を負っても再生をしていくB.O.W.「ジュアヴォ」、そして新たなウィルス「C-ウィルス」について。


■ゾンビ
ナンバリングタイトルとして久しぶりにゾンビが登場。やつらは、走り、飛びかかり、武器まで使ってくる。今回のゾンビは今までと何かが違う。t-ウィルスによるゾンビ化ではないのだろうか?
今回のゾンビの動作は、これまでのゾンビの様に緩慢な動きのままかと思えば、突然素早く動いて襲いかかってくる。また、中には武器を使用できるものもおり、油断がならない。

■ジュアヴォ
最初に、その存在が確認されたのは半年前の東欧紛争地域。言語を理解し、複雑な連帯行動や高度な武器も操ることができる。理性のタガが外れているようで、言動には本能的なものが目立ち攻撃的だ。いったい誰が、何の目的でこのB.O.W.を作ったのか。
さらにジュアヴォの特筆すべき特徴は、傷を負っても再生していく点にある。再生が追いつかないほどの傷を負った場合、再生の過程で別の形状に変異することがあるとのこと。
BSAAにより、セルビア語で「悪魔」を意味する“ジュアヴォ“と名付けられた。

■C-ウィルス
その存在が公式に確認されたのは半年前、東欧の紛争地域であるイドニア共和国。反政府軍の兵士に、何者かが配った栄養剤に、C-ウィルスが混入されていたと思われる。
同時期に発生した「ジュアヴォ」と名付けたB.O.W.、そして本作の“新しいゾンビ”は、このC-ウィルスへの感染と関係があるらしい。
かつて多くのB.O.W.を生んできた「t」、「G」ウィルスのどれとも違うその“新たなウィルス”は、世界をかつてない恐怖に陥れる。誰が、何の目的でこの“悪夢”を生み出したのか…

■C-ウィルス感染者の最終形態「サナギ」
C-ウィルス感染者が、“変異”の末にたどり着く姿、それが「サナギ」である。昆虫が変態を行う際になる形状に似ているためこの呼び名がつけられた。
サナギ化した感染者は、活動を停止し、一時の停滞期へと入る。
しかし、その繭の中ではさらに激しい変異がくりかえされており、時が来れば“完全体”となり姿を現す。その時、新たな恐怖の幕が開ける…

■商品概要
商品名:バイオハザード®6
発売予定日:2012年10月4日(木)
希望小売価格:¥7,990(税込)
ジャンル:サバイバルホラー
プレイ人数:未定
プラットフォーム:PlayStation3 / Xbox 360 ※PC(PC版の発売日、価格は未定です)
CEROレーティング:審査予定
公式サイト: http://www.capcom.co.jp/bio6/

(c)CAPCOM CO., LTD. 2012 ALL RIGHTS RESERVED.