妻夫木聡と武井咲主演で2012年6月16日に公開を予定している映画「愛と誠」のポスター画像が公開された。

「愛と誠」は、梶原一騎原作、ながやす巧作画で1970年代に週刊少年マガジンで連載された同名マンガが原作。映画では、妻夫木聡が超不良の大賀誠を、そして武井咲は財閥のお嬢様、早乙女愛を熱演している。


今回公開された画像をご覧いただくとおわかりのように、原作公開時の設定そのままを生かした「昭和」臭がとても漂う作品になっている。
今や“絶滅危惧種”とも揶揄される、スカートの長い不良少女達や、武井咲演じる早乙女愛のお姫様カットなど、最近ではなかなかお目にかかれない設定ばかり。

ちなみにこの映画、ところどころで歌や踊りが登場する。そう、ミュージカル映画でもあるのだ。
出演者の演技も、これまた大映ドラマを彷彿とさえる“臭い”演技が冴える。

プロモーション動画を併せてご紹介するので、是非ご覧いただきたい。

【キャスト/スタッフ】
監督:三池崇史
原作:梶原一騎・ながやす巧「愛と誠」(講談社プラチナコミックス所載)
音楽:小林武史 
脚本:宅間孝行

妻夫木聡/太賀誠 武井咲/早乙女愛 斎藤工/岩清水弘 大野いと/高原由紀


6月16日(土) 新宿バルト9他 全国ロードショー
(C)2012『愛と誠』製作委員会