時代に埋もれた名作映像作品の数々を紹介する「名作映像案内」。今回は、まだ時代に埋もれてはおりませんが、最近では珍しい時代劇ということで、テレビ東京系列で放送中の時代劇『逃亡者おりん2』をご紹介いたします。


2006年に放送された『逃亡者おりん』の続篇です。「逃亡者」は「のがれもの」と読みます。数々の名作時代劇を世に送り出したTBSテレビの『ナショナル劇場(現・パナソニックドラマシアター)』が、去年の『水戸黄門』を最後に時代劇を終了させたため、今となっては貴重な民放地上波の新作時代劇となっています。

本作の最大の特徴は、40年以上前からありとあらゆる東映時代劇に出演し続けている殺陣の専門集団・東映剣会のメンバーそれぞれに見せ場が与えられていることです。東映剣会メンバーは、普段は脇役として時代劇に出演していますが、『逃亡者おりん2』では週替わりで刺客として登場し、台詞も結構ありますし、EPGにも名前が載っており、タイトルクレジット上では一枚看板となっているのです!『水戸黄門』が終了した今、40年以上に亘って時代劇に貢献し続けた東映剣会メンバーに対するご褒美であると言えましょう。この原稿を書いている時点で第6話まで放送されているのですが、ここで、第6話までに登場した刺客役俳優をご紹介致します。

第1話・・・峰蘭太郎
第2話・・・白井滋郎
第3話・・・柴田善行
第4話・・・矢部義章、小谷浩三
第5話・・・本山力
第6話・・・木下通博

東映剣会の皆さん、今までお疲れ様でした!今後益々のご活躍をお祈り申し上げます!!

<スタッフ>
チーフプロデューサー:佐々木彰/プロデューサー:山鹿達也 、本間信行、川渕豊喜、須藤安芸子、進藤盛延/脚本:沢橋凛、金井寛 ほか/監督:六車雅宣、中野広之 ほか/音楽:沢田完/技斗:清家三彦/特技:森山陽介アクションチーム

<キャスト>
おりん:青山倫子/望月誠之助:渡辺大 ほか

<参考サイト>
東映剣会公式ホームページ
http://www.toei-kyoto.com/about/tsurugikai.html

(文:コートク)

※写真はイメージです。