時代に埋もれた名作映像作品の数々を紹介する「名作映像案内」。
今回取り上げる時代劇映画は昭和34年の『薄桜記』。インターネットの検索サイトで『薄桜記』と検索するとゲーム及びアニメの『薄桜鬼』が上に表示されますが、こちらの方が先の作品です。


この作品は『忠臣藏』のサイドストーリーでありまして、架空の武士・丹下典膳(演・市川雷藏)と赤穂浪士・堀部安兵衛(演・勝新太郎)の2人を主人公に据えたものです。高田馬場の決闘、上杉家家老・千坂兵部(演・香川良介)、吉良家の用心棒(演・伊達三郎ら)らを絡ませながら『忠臣藏』のサイドストーリーを進行させる手腕は見事。
因みに千坂兵部は途中で病死します。病気で寝込んでいた昭和37年の映画『忠臣藏』の千坂兵部(演・志村喬)や、物語の最後までピンピンしていた昭和46年のテレビドラマ『大忠臣蔵』の千坂兵部(演・丹波哲郎)などと比較されたい。

<スタッフ>
監督:森一生、脚色:伊藤大輔、原作:五味康祐、企画:財前定生、製作:三浦信夫、撮影:本多省三、美術:太田誠一、音楽:斎藤一郎、録音:海原幸夫、照明:中岡源権、編集:谷口孝司

<出演者>
市川雷蔵 (丹下典膳)、勝新太郎 (中山安兵衛)、真城千都世(千春)、三田登喜子(浪乃)、大和七海路(三重)、北原義郎(長尾竜之進)、島田竜三(大高源吾)、千葉敏郎(友成造酒之助)、舟木洋一(神崎与五郎)

(文:コートク)