2012年3月17日に角川シネマ新宿・シネマサンシャイン池袋他で全国ロードショーが決定している「ストライクウィッチーズ劇場版」が公式サイト及び、YouTubeの角川アニメチャンネルで予告編動画を公開した。壮大なBGMに巨大な戦艦。予告動画を見ているだけで劇場公開日が待ち遠しくなってくる。ちなみに本記事で紹介しているビジュアル画像。数えていただくとお分かりかと思うが12人いる。劇場版では第501統合戦闘航空団の11人に加え新キャラクターの登場が決定している。


公開までまもなくではあるが、劇場版では新たな展開もみせそうなストパン。予告動画で是非その雰囲気だけでも先取りして欲しい。

【ストーリー】
地球とよく似た世界、そこでは“ウィッチ”と呼ばれる魔法力を持つ10代の少女たちが
ストライカーユニットと呼ばれる人類が発明した魔法の箒を足にまとい
人々を守るため、異形の存在「ネウロイ」との戦いを繰り広げていた。
―――ときは1945年。
欧州地方ガリア、ロマーニャを「ネウロイ」の脅威から救った第501統合戦闘航空団、通称「ストライクウィッチーズ」は、役目を終えて解散し、各地へと飛び立った。
メンバーのひとり、宮藤芳佳は、ロマーニャでの戦いで、仲間を守るためウィッチとしての魔法力を失うも、人々を救うために故郷の扶桑で医者をめざして勉強に励んでいた。
その芳佳のもとに、ひとりのウィッチが訪れる。そのウィッチの名は、服部静夏。
扶桑海軍士官候補生の制服に身を包んだ静夏は、芳佳に欧州留学の辞令が下ったこと、その随行として同行することを伝えにきたのだ。
医学の最先端を誇る国で、新しい医学を学ぶことができる―――目を輝かせる芳佳は、欧州留学を決意する。
ときを同じくして、欧州ではネウロイに不穏な動きが現れ始め、各地のウィッチたちが警戒を強めていた。横須賀から欧州への旅路につく、芳佳と静夏。
その行く先には、新たな戦いが待ち受けていた―――。

脚本:ストライカーユニット 監督:高村和宏 製作:第501統合戦闘航空団 活動写真

●関連URL
▼「ストライクウィッチーズ劇場版」公式サイト

http://s-witch.cute.or.jp/movie/

(c)第501統合戦闘航空団 活動写真