こんにちは。鉄砲蔵です。不定期連載でお届けしている、鉄砲蔵の「ミリタリー魂」。第四回目となる今回は、秋葉原の街ををブラついていて、立ち寄ったミリタリーアイテムの専門店「カミカゼスタイル」の臨時店舗をレポートしてみたいと思います。

じつはこの店、2009年末にも閉店の予定のところを、ビルオーナーのご厚意により営業延長となり今日まで続くというミリタリーファンの間ではちょっとその名を知られたお店。
とりあえず次の住人が現れるまで営業を続けられるそうですが、ここでは本格的なコートやら迷彩服やらが格安なので、今回はこの「神風スタイル」をレポートいたします。

まずはこのオール千円コーナーをご覧あれ!(下左)
洋品店にありがちなペラペラのいい加減な品物とはワケが違います!ロシア軍、イギリス軍、、色々あってオール千円です!ほとんどが実物です!マニアにとってこのワゴンはまるで宝の山。
かくいう鉄砲蔵も取材の合間についつい中を物色してしまいました^^;

さて、お次はこちらのコート。(上右)
サイズはSサイズしかないため女性や小柄な方しか着られないのが残念ですが、終戦間もない1950年頃、物資の乏しい中、精一杯のオシャレを心がけたデザインなのだそうです。
実際男性のモデルさんや女性客に人気とのことで、素材も縫製も見るからに頑丈そうでした。これは3千円。

次が正真正銘のM65パーカー。(上)
実物は右写真のように「MIL-D-×××××」などと軍規格を示す番号が記載されています。
補修跡はあるものの、実物が5千円です。

僕自身はこのフランス軍のリュックを購入。(上左)
3千円。普段の通勤で使用します。写真のようにアメリカ軍のポンチョも畳んで結びつけて持ち歩けるので便利です。

最後にこの商品、カミカゼスタイルオリジナルTシャツです。
僕自身は上右写真のミリタリーモノを愛用していますが、店頭には結構怪しいデザインのものが…。 

●今回取材したお店
カミカゼスタイル
東京都千代田区外神田3丁目6-17  阿出川ビル内