おたくま経済新聞

ネットでの話題を中心に、商品レビューや独自コラム、取材記事など幅広く配信中!

「ネットで話題」最近の人気記事カテゴリ別

ネットで話題のおもしろ記事一覧

2019/3/19

ホワイトデーに手作り「蘇」 彼氏からのプレゼントにビックリ仰天

 みなさんは、「蘇」をご存知でしょうか?日本史を学んだ人なら知っているかもしれませんが、日本最古の乳製品、古代…

びっくり・驚き系の話題一覧

2019/3/12

「ゴミ拾い侍」が街中のゴミを成敗! 華麗な火ばさみ捌きで見る者を圧倒

 背中にカゴを背負い、着物姿で中折れハットを目深に被った男性2人。街中では、あまり見かけない奇抜なファッション…

感動・癒し・ほのぼのとした話題一覧

2019/3/15

「かまってーかまってー」 宿題中の女の子と猫とのほほえましい攻防戦

 「かまってーかまってー」という声が聞こえてきそうな猫ちゃんと、宿題に集中している小学1年生になる女の子との攻…

「ネット」新着記事過去の記事

話題の雑学・コラム一覧

  1. 急な痛み→緊急手術までの体験マンガが壮絶 異変を感じたらすぐ病院大事!

     普段何事もなくても、突然お腹が痛くなったり、体のどこかが痛み始めること、あるかと思います。痛みの感…
  2. 新入生持つ親の「新」マストアイテム​ 住所スタンプは便利だぞ!

     春の足音が聞こえてきました。入園や入学をひかえているこども達のために、そろそろ家庭でも準備がはじま…
  3. 焼けたように見えた肉が生焼けだった問題 色覚異常を表す図に「なるほど」

     色付きそうめんの中に、1本だけ緑色が入っているとラッキーな気分になれたりしますが、その緑色が緑色に…
  4. 「デニム着物」で冷え知らず 漫画家のレポートに反響

     和装に触れる機会がどんどん減っているように感じます。当節、着物の着方がわからないという人は今や大半…
  5. 災害でペットとはぐれた時に…警視庁提案のペットプロフィールカード

     災害時にはぐれてしまったペットにまつわるニュースがよく話題になります。警視庁警備部災害対策課が20…

物議を醸す話題など一覧

  1. 犬につける口輪は虐待ではありません 犬も人も守るもの

     世の中、ペット大好きな人が多く、動物系の番組も人気。しかしその一方、犬や猫が苦手、という人も珍しく…
  2. 焼けたように見えた肉が生焼けだった問題 色覚異常を表す図に「なるほど」

     色付きそうめんの中に、1本だけ緑色が入っているとラッキーな気分になれたりしますが、その緑色が緑色に…
  3. 「怒られるとポンコツになる」のはどうして?

     ちょっとしたミスって誰でも起こし得るものです。しかし、いざミスしてしまった場合、その時に周りから取…
  4. 「褒められ方研修」とは いま一番受けたい研修が話題

     「叱られ方研修」なる講義がテレビで紹介され、物議を醸しています。今の若い人は叱られ慣れていない、と…
  5. 事故にあうも乳児が無傷だった訳 チャイルドシートは確実に!

     時々、交通死亡事故の報道を目にする事がありますが、「きちんとシートベルトを付けていれば死ななくても…

「ネット」新着記事

  1. 誰かの手を握りしめたい時用「疑似彼の手」にネット騒然

     映画館で見る映画って迫力満点。スリルのあるものやホラー系はついドキドキして誰かの手を握りしめたくな…
  2. 急な痛み→緊急手術までの体験マンガが壮絶 異変を感じたらすぐ病院大事!

     普段何事もなくても、突然お腹が痛くなったり、体のどこかが痛み始めること、あるかと思います。痛みの感…
  3. レゴで「8時だョ!全員集合 」のセットを再現 「志村! 後ろ後ろー!」

     1970年代に一世を風靡したお笑いバラエティ番組「8時だョ!全員集合 」。85年の放送終了時は多く…
  4. おわかりいただけただろうか? トイレの戸の隙間からのびる白い手が……

     深夜、家族が寝静まったあとに行くトイレ、何だか不気味なモノを感じる事があります。古い家屋だと特に、…
  5. 「ゴミ拾い侍」が街中のゴミを成敗! 華麗な火ばさみ捌きで見る者を圧倒

     背中にカゴを背負い、着物姿で中折れハットを目深に被った男性2人。街中では、あまり見かけない奇抜なフ…
  6. 犬につける口輪は虐待ではありません 犬も人も守るもの

     世の中、ペット大好きな人が多く、動物系の番組も人気。しかしその一方、犬や猫が苦手、という人も珍しく…
  7. 新入生持つ親の「新」マストアイテム​ 住所スタンプは便利だぞ!

     春の足音が聞こえてきました。入園や入学をひかえているこども達のために、そろそろ家庭でも準備がはじま…
  8. 勤続51年! 骨董品的価値のガス炊飯器は今日も元気に飯を炊く

     世界広しと言えども、日本人ほどご飯にこだわる国民は他に類を見ないかもしれません。米そのものに道具に…
ページ上部へ戻る