おたくま経済新聞

ネットでの話題を中心に、商品レビューや独自コラム、取材記事など幅広く配信中!

タグ:エロ

  • 「エロ前線」到来予想 8月には北海道・青森以外全てがムラムラ地域入り

     7月を目前に全国各地では、最高気温30度以上の真夏日の出るところが増えています。気象庁の発表によりますと、今年は6月から8月にかけて、全国的に暖かい空気に覆われやすく、東日本以西で高く、北日本でも平年並か高い見込みです。 (さらに…)…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 粋でエロい話、あります。コミック乱の問題作「ニッポン夜枕ばなし」

     ごく限られた場所でしか聞けない落語「艶笑ばなし」。ざっくり言うと、エロ話をシャレのめした噺なんですが、取り扱うネタがネタだけに、なかなか聞く機会がありません。戦争中は時局を鑑みて自粛を余儀なくされ、東京・浅草にある「はなし塚」に封印されたものもあります。そん…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「命を救われました!」と感謝される事も 話題の「ママきたモード」開発秘話を大まじめに聞いてきた

     世代は変われど男として生まれてきた人ならば、誰しも一度は悩み、対応に苦慮するといわれるのが「エロと家族(主に母)」という永遠のテーマ。  エロ本が主流だった時代には、母が部屋を掃除する際に発見され、大目玉をくらった経験のある人は数知れず。他にも小言を書…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 新潟の奇祭・ほだれ祭の御神酒を飲んでみた

    新潟県長岡市栃尾地域で毎年3月の第2日曜日に行われる「ほだれ祭」は、五穀豊穣と夫婦和合をお祈りした奇祭として有名です。村の男衆が初嫁さんたちがまたがった高さ2.2m、重さ約600kgの巨大なご神体を担ぎ、掛け声と共に村内を巡回していく様子は圧巻だそうですよ。…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 性の文化遺産「回転ベッド」の中でも珍しい せり上がる回転ベッド取材してみた

    ホテルと言いつつ「ラブ」がつく、一部ではモーテルとも呼称される恋人たちの秘密の隠れ家「ラブホテル」。 現在あるラブホテルの形態は日本独自に発展した文化とされ、最近ではそれをまね海外でも一部似たようなホテルが展開されています。外観は普通のホテルなものの、内…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 究極の珍書!『エロ語呂日本史年号』が話題

    皆さん、学生時代に日本史や世界史の年号ってどうやって覚えましたか?純粋に年号を覚えていったという人もいれば、自分で語呂合わせを考えて頭に叩き込んだという人もいると思います。 でも、自分の生きている時代ではないことはリアリティが掴みづらく、ましてや年号なん…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • “ひめはじめ”はエロい言葉?

    さて、みなさん今年も早速ひめはじめしちゃいましたか? え、なんでそんな下世話なことを聞くんだって? いえいえ、お聞きしたのは“火水はじめ”、つまり今年に入って火や水を使ったかということですよ? なんて最初から煽り上等の文言を並べて失礼いたしました。 今…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • PS VRで男のロマンを実行してみた結果→大きな落とし穴が……

     多くのゲームファンから近未来への架け橋だとして待ち望まれていたPlaystationVR。それが10月13日、ついに発売されました。同時に『サマーレッスン』などの期待タイトルも発売。今後も人気シリーズの発売が控えていることから何かと注目が集まっています。 …
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 【無駄知識】アレもコレも隠語!飲みの席で使えるかも?しれない実用隠語

    何気ない会話の中でふと隠語が使われ思わずクスッと来てしまった。なーんてことありませんか? 例えば有名なものだと「お花摘みに行ってきます」ですが、これはトイレに行くことの隠語になります。さらにこのところ桜の季節に天気予報で使われる「花散らし」が「それ隠語な…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 昔あるある「かつて公園にはエロ本があった」で想い出談義に花が咲く

    かつて橋の下や公園の一角には、なぜか誰かが捨てていく「エロ本置き場」なるスポットが存在していました。 (さらに…)…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

本日の人気記事

トピックス

  1. 2019-3-21

    映画「麻雀放浪記2020」の完成披露試写“しない”イベントに行ってきた

     3月20日、新宿バルト9で、映画「麻雀放浪記2020」の完成報告&舞台挨拶イベントが行われ、主演の…
  2. 2019-3-20

    「ちょうどいい破壊力」のレーザー誘導ロケット弾 アメリカ海軍が追加調達

     2019年3月19日(現地時間)、BAEシステムズはアメリカ海軍から、レーザー誘導式の70mmロケ…
  3. 2019-3-20

    「お付き合い残業」は嫌……漫画「僕たちはもう帰りたい」に共感の声続々

     アナログで非効率な働き方、上司とクライアントとの板挟み、家事と仕事の両立、子育てをめぐる夫婦の感覚…

編集部おすすめ

  1.  2016年に公開され、戦時中の一人の女性の物語を紡いだアニメ映画「この世界の片隅に」。「戦時中の日…
  2.  アニメ映画が公開中の「シティーハンター」の作者で知られる、漫画家・北条司さんが映画総監督に初挑戦す…
  3.  10月4日に全国ロードショーされる映画「HiGH&LOW THEWORST」の鳳仙学園のキャストが…
  4.  日本が誇るアニメの巨匠、宮崎駿さんが監督を務め、大塚康生さんら凄腕のアニメーターが腕を振るった劇場…
  5.  3月19日、よしもとクリエイティブ・エージェンシーは、中田カウス・ボタンの中田ボタン師匠(70歳)…
  6.  3月18日、プロレスラーの武藤敬司さんが「娘の愛莉に対抗するわけじゃないけど」と、中学生の時に描い…
  7.  破天荒な生き方が注目され、ロック界のドンとして活躍していたロック歌手の内田裕也さんが、2019年3…
  8.  3月17日、元大関の把瑠都さんが、自身のツイッターで、「せんじつ おこなわれた Estonia せ…
  9.  楽しいもの、面白いものを見つけるとワクワクしてテンション上がりますよね。動物でもそれは同じみたいで…
  10.  2019年6月7日~11月4日まで、日本科学未来館で開催される企画展「マンモス展」のイメージキャラ…

新着記事

ページ上部へ戻る