初日舞台挨拶フジテレビの「ノイタミナ」枠で現在放送中のテレビアニメ「UN-GO」。早くもオリジナルストーリーの劇場版が11月19日から2週間限定公開のレイトショーでTOHOシネマズで上演を開始した。今回の劇場版では本編で描かれることのなかった、新十郎と因果の出会い、そして初めての事件が描かれる。


劇場公開を記念して、公開初日の11月19日にキャスト、スタッフによる舞台挨拶が行われた。本記事ではその様子をお伝えしたい。

なお、当日の出演者は結城新十郎役の勝地涼さん、因果役の豊崎愛生さん、海勝梨江役の山本希望さん、海勝麟六役の三木眞一郎さん、水島精二監督、脚本の會川昇さん。

舞台挨拶では豊崎さんが因果が作品内で着用しているパンダの被り物と、風守のぬいぐるみを持って登場した。

今回の作品について勝地さんは「因果論では新十郎の過去が描かれています。TV アニメを4話分くらい収録してからのこの因果論の収録をしたので、収録した後からは、因果との関係やどのような思いで新十郎が現在に至っているのか分かったので、それ以降演じやすかったです。」と『因果論』がTV 放送本編でも大きな役割を担っていると答えた。
また、「作品内で水泳の息継ぎをするシーンがあって、擬音を出す部分をどうやったらいいのか分からなかったんです。そんな時には三木さんに親身にアドバイスを頂きました。」とアフレコの様子を語った。

豊崎さんは「新十郎と因果はこうやって出会ったのかと分かって、演じていて発見が多かった作品でした。
『UN-GO』の現場は皆作品愛に溢れているので、私も煮えたぎるソウルをマイクにぶつけました!常にハングリー精神は意識していました。」と本作品に対する意気込みを語った。また、別天王というライバルキャラクターについて聞かれると、豊崎さんは「今週のアニメ放送回で初めて出てきたキャラクターが、実は『因果論』でつながっていたんです。今後別天王はTV アニメにもでてきます。どのように新十郎たちに関わってくるのか、今後のキーパーソンですから、注目してください。」と明かした。

山本さんは「『因果論』の最後の方で新十郎を初めて知って、それがTV アニメの1話の出会いのシーンに繋がります。」と話し、三木さんは「TV アニメのOA 中に劇場公開があるというのは、すごいことですよね。そう言った作品に関われること自体がとても嬉しい。麟六がいい人なのか悪い人なのかですか?良いことと悪いことは表裏一体ですからね」と、語り、明言を避けた。

水島監督は「『因果論』はガチでTV 放送と同じスタッフで制作しました。大変な目に会いました」と苦労を語った。
また前日譚をTVアニメOA 中に公開しようと思ったきっかけを聞かれると水島監督は「それはわりと初期の頃から話していて、最初は軽いノリで話してたんで、まさか放送中に上映が始まるとは思っていなかたです。」と話し、會川さんは「普通TV アニメの1クー
ルは13話なんですが、ノイタミナは11話なので、あと2話分はどういった扱いになるのだろうかというところから、始まりました」と、“ノイタミナ”の話数が今回の『因果論』制作のきかっけだったことを明かした。

また、TV アニメでは、過去椎名へきるさんや、古谷徹さんなど、豪華声優がゲストとして登場している。
このことについて水島監督は「會川さんが有名な声優さんをキャスティングすると、犯人だってバレてしまうという話をしたので、それならばなるべくゲスト声優を豪華にしてしまおうと思いつきました。
古谷さん登場回には、みんな古谷さんが犯人だと言って賑わっていたので、『やった!』と思いました」と思わぬ楽しみ方を明かした。

今後、『UN-GO episode:0 因果論』では、「公開トークショー」と銘打って、豪華ゲストによるトークショーが各地で開催され、山本希望さんが司会を担当することが発表されたほか、1月発売予定の「UN-GO」ブルーレイ、DVD には、各巻に特典オーディオCD が付くことが発表され、會川さんは「ブルーレイ、DVD1缶には、2話でゲスト出演した長田安(安野希世乃)の歌う「ブルー・ライト・ヨコハマ」をフル音源で収録することが決定した」と発表した。

最後に、豊崎さんは「因果を演じていて、役者としてとても勉強になっています。素敵な作品に携われて感謝の気持ちでいっぱい。最後まで頑張って演じます」と話し、勝地さんは「ご覧頂いた皆さんでこの映画を愛して育ててくれたら嬉しいです。また1話からみると更に面白いと思いますので、ぜひ今後発売されるブルーレイ、DVD も宜しくお願い致します。」と話した。

因果論キービジュアル

「UN-GO episode:0 因果論」 11 月19 日よりTOHO シネマズにて2 週間限定レイトショー上映
監督:水島精二 ストーリー・脚本:會川昇 アニメーション制作:ボンズ 製作:「UN-GO」製作委員会 配給:東宝 映像事業部
©「UN-GO」製作委員会