「クールジャパン」のロゴ決定政府は、アニメなどのコンテンツやファッション、産品、食、伝統文化やデザインを海外へ向けPRする「知的財産推進計画2011」のクールジャパン計画の旗印として、「ユニクロ」や「楽天」のクリエイティブディレクションで知られる佐藤可士和(さとう かしわ)さんのデザインがロゴとして決定した事を発表した。

選定は2011年7月26日から8月15日の期間に公募のあった作品99案の中から、関係者及び有識者による絞込みを経て、野田佳彦首相が最終判断し決定したもの。


使用については、今後政府において、クールジャパンに関し統一的に使用するほか、企業、団体、大学等でも活用できるよう、使用申請手続を定めた上で、知的財産戦略推進事務局において今後受け付ける予定としている。

▼ロゴと共に発表された「クールジャパンメッセージ」
次のあたらしい日本へ。
日本は、もうこれまでの日本ではない。
人類史上最大級の災害を乗り越え、立ち上がることで、
さらに強く、創造的で、自信に満ち溢れた国へと生まれ変わる。
すべてが、次のステージへ。次のあたらしい夢へ。次の日本へ。