警視庁サイバー犯罪対策課は2011年9月8日、携帯ゲームサイト「グリー」で提供している、株式会社サムザップ運営のオンライン着せ替えゲーム「コーデマニア」に不正なプログラムを仕込み、約130万人の顧客データを改ざんしたとして派遣会社員・岩根健太郎容疑者(31)を逮捕したと発表した。


岩根容疑者は今年3月までコーデマニアのシステム開発担当として派遣会社から同社へ派遣されていた期間に不正ファイルを仕込み、それを5月1日未明ネットカフェから遠隔操作を通じて起動させ130万人のデータを改ざんしたとしてる。

岩根容疑者は調べに対し「実績がみとめられなかったので嫌がらせをした」と供述しているという。

●関連URL
▼サムザップ

http://www.sumzap.co.jp/