「特撮映像館」、今回は70年代に人気をはくしたホラーコミックが原作の『エコエコアザラク WIZARD OF DARKNESS』です。学校を主な舞台としたちょっとスプラッターなサイキックホラー。これが実写映像初作品です。

70年代「少年チャンピオン」に連載された古賀新一のホラーコミックが原作。連載自体は好評で人気もあった作品だったが、当時はアニメ化や映画化されることはなく終わった。


その後90年代になってから本作を皮切りに映画そしてテレビドラマと実写映像化された。

女子高校生であり、強大な能力を持った魔女という設定の主人公・黒井ミサ。
本作ではその能力を封じられ、ルシファーを召喚しようとしている魔術師の術中で苦しむこととなる。監督の佐藤嗣麻子はストーリー原案でもクレジットされている。

正直、古賀の原作コミックの雰囲気を実写やアニメといった映像メディアで再現するのはけっこう難しいのではないかと思われる。
黒井ミサのイメージに合う女優のキャスティングはそのいい例だろう。本作の吉野公佳はそれなりの雰囲気を醸しだしてはいるが、やはり「映画版の黒井ミサ」であり原作通りのイメージとはいえないような気がする。

特撮・合成シーンはそれほど多くはなく、クライマックスで空に浮かび上がるルシファーの姿がもっともそれらしいシーンといえるかもしれない。
もちろん細かいところでは犠牲となる高校生たちの、たとえば首が切断されるなどシーンもあったりはするのだが…。
ちなみにSFXスーパーバイザーには白組の山崎貴があたっている。

ところで、前半にはミサが転校してきたクラスの担任役である高樹澪とクラスメイトのひとりである角松かのりの濡れ場があったりする。全体から見てもここだけ成人映画ばりのシーンになっていて、ちょっと戸惑う。

魔女が主人公の魔術ホラーといっていいのだと思うだが、魔術対決的なシーンが目立たなかった(というより「対決」はなかったというべきか)のは少し残念だ。

それにしても菅野美穂はこの時点で完成している感がある。
まだご覧になっていない方は、菅野美穂が最初から菅野美穂だったことを確認してもらえるのではないかと言う気がするが、いかがだろうか。

監督/佐藤嗣麻子
キャスト/吉野公佳、菅野美穂、高樹 澪、角松かのり、周摩、高橋直純、ほか。
1995年/81分/日本

(文:猫目ユウ)